キャンピングカーで昼寝は最高

疲れたら一休み

 キャンピングカーで旅行に行った時にキャンピングカーで来ていてよかったなと思うときがあります。それは旅先の観光で疲れ切ってしまった時です。キャンピングカーの一番の特徴はベッドがあることだと思うのですが、ベッドは夜に眠るだけのものではありません。下の写真は我が家のキャンピングカーの後部2段ベッドです。常設ベッドなのでいつもこんな感じで万年床です。


キャンピングカーならではの観光方法

 暑いさなか、色々なところを観光して回ると本当に疲れてしまうときがありますよね。そんな時にはどうするかというと、お昼時になったら、どこかで昼ごはんの弁当などを買ってキャンピングカーに戻ってしまいます。無料の駐車場や、1日◯◯◯円の駐車場に止めている時に使える手です。

疲れたら昼寝が一番

 キャンピングカーに帰って発電機をつけてルーフエアコンをつければ最高に気持ち良い空間になります。駐車場の中とはいえプライベート空間なのでリラックスも出来ます。昼食を食べ終わる頃には、体の熱もとれてますので、そのままベッドにに潜り込んじゃいます。カーテンを閉めれば居住空間は暗くなるので、気分も落ち着きます。1時間も寝ればすっかり元気になるので、キャンピングカーを出てまた観光をすることもありますし、その場所での観光が終わっていれば次の目的地に向けて出発することもあります。

 観光地の駐車場で昼寝をするのはなんとも奇妙なような特別な感じがします。しかもベッドで寝るので尚更です。観光客でこんなことをしている人はあまりいませんよね。時間は少し無駄になりますが、こんな風に観光できるのはキャンピングカーならではだと思います。店の中で涼みながら休憩することは出来ますが、ゴロゴロ昼寝まではできませんので、年をとってきた私達にはすごく楽な旅になります。後はもう少しのんびりと旅が楽しめたら良いのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です