現役世代にキャンピングカーって

 今回書かせていただくテーマは現役世代にキャンピングカーって…大丈夫なの?です。

 キャンピングカーといえば、小さなお子様がいる家庭や仕事から離れた方が持っているイメージが私にはあります。実際多いのではないでしょうか。私が妻と初めてキャンピングカーを見に行った時に、キャンピング・カー屋さんにお子さんの年齢はと聞かれて答えると「えー」と言われました。今回書く現役世代とは、大学生に仕送りをしているような一番あり得なさそうな世代がキャンピングカーを持つのはありなのかというテーマです。多分、私のように普通に考えたら行ってはいけない世界に迷い込みそうな方々に送るテーマです。

 ではまず、普通に考えてキャンピング・カーを買って幸せ~という世代の方の場合を考えてみましょう。
 1.小さなお子様がいる家庭
 私には今からではタイムマシンでもなければ実現できない状態。どう考えてもいいでしょう。私の職場にいる同僚がキャンピング・カーを欲しがっています。子供はまだ赤ちゃんですが大丈夫。すぐに大きくなります。小さな子供は旅行に行くと興奮して寝付けなかったり熱を出したり色々ありますが、慣れたキャンピング・カーの中で寝れば興奮は抑えられるかもしれません。また全ての予定がクリアできなくてもそれほど悔しくならないのがキャンピングカー旅行です。子供って大人の目的地よりそこらにある公園のほうが嬉しくて時間を使うことはよくあるじゃないですか。
 2.仕事を引退された方の家庭
 私が夢見る理想郷。どう考えてもいいでしょう。多少のイレギュラーを逆に楽しむ旅。目的地はあるけれど、そこにたどり着くまでの日数はあくまでも目安。あー、こんな旅をしてみたい。楽しいでしょう、絶対に。多くは語りません。

 上に書いたのは私の体験していないことなので、異論のある方はコメントにお願いしますね。

 さて本題。ここからは私が体験していることなので、リアルです。大学生に仕送り(時には2人同時)している夫婦。旦那の稼ぎでは持ちこたえられないのでフルタイム共働き。毎日毎日くたくたで、同居の娘のために朝食、弁当、夕食、洗濯の家事は夫婦の必須。金はないし、いつも追い詰められているし、休みに入るのが怖いくらいの仕事ノイローゼ。こんなんでキャンピング・カーありなの?上の例からすると天と地のような状態で大丈夫なの?

大丈夫です!というかキャンピング・カーに逃げないと死にそうでした。だって本当につまらない!何のために生きているか分からないのですから。これは私の私感ですが、子供は大きくなればなるほど親を束縛していきます。小さな頃とは違う意味で目が離せなくなり、お金を使っていきます。私は子供が就職するまでを私のその子に対するゴールと思って頑張っていますが、親も人間です。ロボットみたいにいは生きていけません。自由が必要です。
 こんな風に追い詰められてキャンピング・カーを買ってしまいました。生活は今まで以上に苦しくなりましたが後悔はしていません。キャンピング・カーがボロでも後悔してません。だってそこだけが楽しみで頑張ってますから。家で飲んでる偽物の偽物のビール(第3のビール)よりもたまにキャンピング・カーで本物のビールを飲むのが幸せなんです。自分たちはいつもと違う生活をいつでも楽しむことができるという満足感が幸せなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です