七色大カエデ

大カエデ

秋の紅葉を楽しんできました

 朝晩も少しずつ冷え込むようになり、秋もだんだんと深まってきました。もうすぐ11月ですもんね。
 そんなんで秋の紅葉を楽しもうと、長野県北安曇郡池田町にある七色大カエデを見に行ってきました。上の写真が撮ってきた写真ですがいかがですか。私も想像していた以上にきれいで迫力があってびっくりしました。

秋の紅葉、楓

 こちらは逆側から撮った写真です。天気も良くて1本だけ立っている楓は素晴らしい雰囲気でした。
 駐車場にはきのこ汁やきのこうどんなどの軽食を食べられる店や、売店などがあります。入り口で一人200円目安でと協力金の箱がおいてありましたので、夫婦で400円入れてみてきました。

やっぱり紅葉(こうよう)は紅葉(もみじ)

 私は秋の紅葉のなかでも、もみじの赤が一番好きなのです。黄色のものもきれいですがね。同じ漢字を書くのだからやっぱりもみじは紅葉の王様だなんて勝手に思っています。でも今回見てきた大カエデは名前の通り、赤だけではなくいろいろな色に染まっています。こういうのは珍しいんでしょうか。あまり詳しくないんで…。

もみじとかえで

 今回見てきた大カエデはもみじと違うのと調べてみると、植物学的には違いはないようですね。
 葉っぱが5つに割れているものをもみじ、3つに割れているものをかえでと呼んでいるそうな。

極小カエデ

大カエデの分身を買ってきました

 売店に苗木が売っていまして、もみじが好きな私は欲しいなあと思っていたのですが、売店の方が「7色大カエデと同じDNAの苗木です」というものだから思わず「下さい」と買ってしまいました。1000円です。地植えは出来ないので、鉢を少しずつ大きくして育ててみたいと思います。
 元気に育つかな。