新聞紙で作る薪

mde

 薪ストーブを初めて焚いた頃に一生懸命取り組んでいたのが新聞紙で作る薪です。大量にある新聞紙を有効利用するにはいい方法です。

作り方

 下のような道具を使って作ります。

 まずはバケツを用意して水を入れます。私は水ももったいないので風呂の残り湯を使っていやっていました。新聞紙をバケツの中の水に入れて新聞紙を軽くもみます。少しぐちゃぐちゃになったほうが後の作業がやりやすくなります。

 新聞紙に十分水を含ませたら、上のような道具の容器に新聞紙をぎゅうぎゅうと詰め込んでいきます。詰め込む最適な量はやっているうちにだんだんわかってきます。新聞紙を詰め込んだら道具のレバーに体重をかけて水をぎゅーっと絞ります。

 水を絞ったら新聞紙を容器から取り出します。新聞紙はレンガ状にしっかり固まります。

 これを日当たりの良いところに並べて天日干しを行います。暖かい日ならば次の日には乾いています。乾いた新聞紙の薪は非常に軽くなるので、持ってみればすぐに分かります。たまに乾かしっぱなしで雨に濡れてしまったこともありますが、そのままにしておけばいつかは乾きます。

労力は

 一度に作る量にもよりますが、結構疲れます。それにやればやるほど作るのが面倒になってきます。特に実際に燃やしてみると、さほど役に立つものでもないので、更に作るのが面倒になってしまいます。

燃え方はどうか

 紙なのでブロック状になっていてもよく燃えます。煙もあまりでません。しかし熱量はそれほど多くなく、熾の状態で少しずつ燃えるイメージです。

新聞紙の薪だけで暖房するのは無理なので、通常の薪の中に放りこんで使います。

問題点は

 作るのが面倒という他に新聞紙で作る薪の問題点はというと、木を燃やしているときよりも大量に灰がでることです。灰の量はびっくりするくらいの量が出るため、灰の処理の手間も増えます。

新聞紙薪の改良版

 あまり熱を出さない新聞紙の薪の熱量を改善しようと私がやっていたのが、薪を切った時に出たおがくずを新聞紙薪の中に埋め込むというものでした。おがくずの処理にも困っていたので思いついたのですが、容器に入れる新聞を3分ほどにして、その上におがくずを3分ほど、その上に新聞紙をまた乗せて圧縮します。

 ちゃんと上手く乾燥してよく燃えてくれるので、一時は気に入って作っていました。

おがくずの利用法

 新聞紙薪とは関係ないのですが、新聞紙薪を使っていない今、おがくずをどうやって利用しているか蛇足ですが書きます。

 現在おがくずは、牛乳パックの中にギュウギュウと詰め込んで薪と一緒に燃やして使っています。よく燃えますし簡単です。おがくずもすぐに無くなります。

薪ストーブの総額

薪ストーブと猫

 ネットやチラシでみればすぐに価格のわかる暖房器具と違って、薪ストーブは設置の手間もあって、実際総額いくらで自分の家に設置できるのかは分かりづらいですよね。今回は10年前の話になりますが、薪ストーブがどのくらいの価格で導入できるかの話を書きます。物がモノなので価格的には今でもあまり変わっていないのかなと思います。

まずは本体価格

 薪ストーブを自分の家に設置しようかと考えた時に真っ先に見るのが薪ストーブ本体の価格でしょう。本体の価格はホンマ製作所の薪ストーブの価格はネットで見れば出ています。しかし、海外のメーカーのものについては殆ど出ていませんね。

 私は薪ストーブを買う前に、いろいろな人に話を聞きましたが、あまり情報はありませんでした。一番情報を持っていたのは金属関係の仕事をしていた義父でした。しかし得られた情報は「日本では薪ストーブを使ってこなかった」ということでした。昔、お金持ちが『見せる』ために薪ストーブを設置はしていたが、昔から薪ストーブで暖房をしているという話は聞いたことがなかったとのことです。

 そのためか、薪ストーブの有名なメーカーはヨーロッパかアメリカ、カナダなどが多いようです。薪ストーブを買う時に言われたのが「一生物」ということでした。自分が生きている間は十分使えるものをメーカーは作っています。そのせいか価格もお高めになっています。私は薪ストーブを使い始めて10年ほどになりますが、消耗部品を除けば何処かにガタが来たり、問題が起こるようなことはありません。この先何十年も、使う気があれば百年以上も大丈夫なんだろうと感じています。

 さて、そんな薪ストーブの本体の価格ですが、我が家の薪ストーブはアメリカのバーモントキャスティングス社のアンコールエヴァーバーンという薪ストーブを使っています。色はブラックです。このストーブの本体価格は購入時値引き後で40万円強でした。他のメーカーの薪ストーブも見ていて、高いなと感じていなかったので、同じ暖房能力の薪ストーブは大体この価格なんでしょう。

煙突の価格

 煙突は薪ストーブの設置の仕方によって価格が変わります。煙突の長さや高価な断熱二重煙突の比率などで大きく価格が変わります。

 我が家の場合は、吹き抜けにストレートで煙突を伸ばしたため、煙突の値段的には安い方だったかもしれません。

 さて我が家の煙突の価格は30万円強でした。

設置費

 薪ストーブを設置するには結構な人手と手間がかかるので、それなりにお金もかかります。我が家の場合には15万円ほどでした。

全部でいくら

 今まで書いてきた料金を全部足したものは、90万円弱になりました。自分たち夫婦だけでも40年位使うとすれば、この価格はどんなものでしょうか。価値観感は人それぞれなので皆さんはどう思われますか?

 私達は家を建てるときに薪ストーブを導入したので、家の建築費用の他に90万円ほどのお金を薪ストーブ屋さんに払いました。これは結構な負担でした。でも今は薪ストーブを導入してよかったと思っています。

その他の費用

 上の金額の他に、薪ストーブの土台や、後ろ側の遮熱板、外からの空気パイプの設置にもお金がかかりますが、これらは家を建てる費用の中に入ってしまっているので、費用はよく分かりません。

薪ストーブは煙突が命

 薪ストーブというと、とかく本体に目が行きがちですが、煙突がなければ薪ストーブは焚くことができません。

薪ストーブの煙突

煙突の役割

 薪ストーブの煙突の一番大きな役割は、燃焼後の空気を排出することです。煙突が家の外に燃焼後の空気を排出してくれなければ家の中は大変なことになります。

 次の役割は、燃焼後の空気を排出する力で、薪ストーブの炉の中に空気を吸引することです。薪ストーブの炉内は非常に気密性が高く、薪が燃えている時には、空気が細く長い通路を通ってしか入ってこれないような機構になっています。なので炉内に空気を引き込むにはすごい力が必要なのです。

 3つ目の役割は家の中を温めることです。薪ストーブというと本体が温まって、本体の熱で家の中を温めるイメージがあると思いますが、実は煙突の方が家の中を温める働きは大きいのではと思います。煙突には熱せられた空気が通っていますし、熱も通しやすいのです。更に家の中で空気に触れている面積も大きいからです。間違って煙突に触ってしまうとやけどをしてしまいますのでご注意を。

煙突の種類

 一見ただの筒に見える煙突ですが、実は2つの種類があって、場所によって使い分けられています。

 1つ目の煙突は断熱2重煙突です。煙突の筒が2重になっていて、その間に断熱材が入っています。どうして断熱材が入っているかというと、煙突から出る熱を遮断するためと、煙突の中を上っていく熱い空気を冷やさないためです。

 この煙突は大体、煙突が屋根裏に入る直前から使われます。天井から屋根裏と屋根を熱から守るためと、外に出た煙突の中を上っていく空気を冷やさず、一気に外に放出するためです。煙突が外に出たところで、煙突の中を上がっていく空気が急激に冷やされると、煤が付きやすくなって、煙突詰まりの原因になります。

 2つ目の煙突はシングル煙突です。これは皆さんおなじみの普通の煙突です。この煙突は煙突が天井に行く前までで使われます。何故かと言うと、価格が安いですし、断熱の煙突を使ってしまうと、家の中を温めるという煙突の大事な役割を果たせなくなってしまうからです。

思いの外高額です

 煙突は薪ストーブの付属品のように思われるかもしれませんが、実は本体と同じくらい高額です。見積書を見るとえーっと驚くことは間違いありません。まあそれくらい薪ストーブにとって無くてはならない存在ということですね。

夜寝る時に薪ストーブをどうするか

 薪ストーブはスローライフに最適な暖房なので、エアコンやファンヒーターなど今どきの暖房機のような機動的な使い方はできません。

火をつけるのは大変

 薪ストーブに部屋を温めさせるには、まずは薪に火をつけなければなりません。薪に火をつけると言っても、いきなり薪に火はつきません。まずは燃えやすいもの、紙や木のクズなどに火をつけて、徐々に太い木に火を燃え移らせます。ある程度太い木が燃えたら薪にも火が燃え移ります。

 調子良くいった時には、薪に火が移るまでに10分から15分くらいです。そこから薪ストーブ自体が温まって熱を出し始めるまでに15分から20分くらいです。つまり上手く行って30分強くらいでストーブとしての役割を果たし始めます。

一旦ついたら消えない

 薪ストーブが勢いよく燃えだしたら、今度はすぐに消すことはできません。燃えている薪の量にもよりますが、太い薪を2~3本入れていれば、数時間燃えることもあります。

薪ストーブを使い始めるまでの不安

 すぐに消せないのに大丈夫なのか、これが薪ストーブを使い始めるまでの不安でした。今までの暖房器具は通常使い終わったら消すという使い方をしてきました。なので人がいないところで暖房器具が消えていないというのはすごく不安でした。

大丈夫でした

 そんな不安は使い始めたら吹き飛びました。薪ストーブは燃やしっぱなしでも大丈夫です。我が家では、買い物に出かけるときも薪ストーブはついています。買い物から帰ってくると、熾になっているところへ薪を追加して、再びストーブを暖めます。薪ストーブは燃やしっぱなしなので、ずっと家の中を暖め続けます。

夜寝る前には長く燃え続けるように工夫する

 夜に至っては、寝る前に薪を目一杯入れて、2次燃焼モードにします。これで燃やしっぱなしの時間をわざと長くして、薪ストーブに家の中を暖め続けさせます。こうすることで朝も家の中を温かい状態にできます。寝ているときに薪ストーブが調子よく燃えすぎると、暑くて寝苦しくなるので注意が必要です。

燃えっぱなしでもどうして大丈夫なのか

 人が見ていないところで、薪ストーブを燃やしっぱなしでもどうして大丈夫なのかですが、その理由は薪ストーブの場合は薪ストーブが置いてある場所が専用になっているからです。周りのものから余裕を持って設置されているので、他のものに燃え移る心配がありません。どこかから飛んできたものが薪ストーブの上に乗ってしまったら、危ないかもしれませんが、そんなことは無いように使っています。専用の場所を確保しているのでこのようなことも起こりにくいのです。

 このように、すぐに着けたり消したりできない暖房器具なので、逆になるべく消さないように使うのが薪ストーブの使い方となります。

寒い日は薪ストーブ

 近頃寒い日が続いているので、休みの日は1日中薪ストーブを焚いています。キャンピングカーの旅行記録用に買ったアクションカメラで薪ストーブが燃えている様子を撮影してみました。

撮影が難しい

 昼間に撮影してみたら、綺麗に映るものの、薪ストーブの耐熱ガラスに反射して部屋のものが写ってしまいます。そのため炎も見えづらくなってしまうので、夜に撮影してみました。夜は夜で、熾になっている部分が紫色に写ってしまいます。難しいですね。

アクションカメラが少し溶けた

 炎をよく移そうとして、薪ストーブのそばで撮影させていたたら、気がついたらアクションカメラの前面カバーが溶けてしなってしまいました。

アクションカメラの上から

アクションカメラの横から

 機能的には問題ないようなので、隙間から水が入らないように木工用ボンドを詰めておこうと思います。気をつけないといけませんね。

 うまく撮れていませんが、こんな感じで燃えているなとわかっていただければと思います。

薪ストーブを平日でも夜は焚いてます

 我が家がある地域は非常に寒いのです。真冬は氷点下10度くらいまで下がります。実を言うと今朝はもう氷点下9度でした。

平日主力のファンヒーターだけでは寒い

 朝は仕事に出ていくまでなので我慢できますが、夜は寒さが我慢できません。夜は薪ストーブを長い時間焚くことができるので、煙突の防鳥網も詰まらないだろうと期待をしてます。大丈夫かな。今年は真面目にチムニークリーナーも投入しているのできっと詰まらないでしょう。(チムニークリーナーが防鳥網にまで効果があるかは全くわかりません)昨年は2月ころに詰まったんですよね。

燃える薪ストーブ

やっぱりすごいパワー

 仕事から帰ってきてから薪ストーブを焚くのは大変ですが、それでも寒いよりは全然いいです。薪ストーブはスロースターターなのですぐには暖まりませんが、焚き始めてから1時間半ほどすると、薪ストーブの調子が出てきて、ぐんぐん室内の温度を上げてくれます。

 主力のファンヒーターは去年、薪ストーブが煙突の防鳥網の詰まりで使用不能になった時に慌てて購入したので、出費が痛くて、けちったため、だいぶパワーが足りないのです。もう少しお金を出して一番大きいタイプにすればよかったと後悔しています。

 それに比べると薪ストーブは時間はかかりますが、すごいパワーを発揮してくれます。頼もしいです。

薪はもう1回購入で終わりの見込み

 実は今シーズンは、薪ストーブをここまで休みの日にしか焚いていなかったので、昨年の余りもあって薪を軽トラ1台分しか購入していません。寒くなるに従って消費量が増えてきたので、今残っている量はあと半月ちょっとかなと思います。3月くらいになると薪の消費量もだいぶ減るので、今年はあと1回、軽トラ1台分を購入すれば良いのかなと考えています。

私の薪を運ぶ道具

 薪は大きさも重さも形も各々違うので家の中に運び込むのが大変です。

手で運ぶのは限界がある

 手で一度に運べる薪の量は大体2~4本くらいです。手で運ぶと両手が塞がるので、ドアを開けるのが大変ですし、床に落とせば床が傷ついたり怪我をするかもしれません。そこで、できるだけ安全にたくさんの薪を一気に運びたいと思って、私が使っているのがこの道具です。

材料費は108円

 材料は100円ショップで買ってきたビニールのバッグなので、材料費は消費税込み108円です。材料を選ぶコツは持ち手が頑丈に固定されているものを選ぶこと。大きさは売っているものの中で一番大きなものを選んでいます。下の写真のようなものです。

100円ショップのバッグ

 本当は持ち手が下をぐるりと回っているものが良いのですが、そこまでお金をかけるつもりもなく、材料費が安いので、1年持てばいいやと思っています。実際には1年以上持つので、コストパフォーマンスは最高です。

作るのも超簡単

バッグを切り開く

 写真を見ればすでにおわかりでしょうが、ビニールのバッグを真ん中から切り開いただけのものです。ファスナーが付いているものもあるので、ファスナーも切り取ってしまいます。私は面倒くさがりなので、全く丁寧な作業はしていません。作業時間1分程です。

このくらいは運べます

バッグで薪を運ぶ

 ちょっとわかりずらいのですが、上の写真くらいは薪を一度に運ぶことができます。太い薪5~6本と細いもの何本かくらいです。大きさ的にはまだいけるのですが、これくらいでもかなりの重さです。これ以上は持つのが大変です。しかし、これだけ一度に運べると、薪の運び込みも随分と楽になりますし、やる気にもなります。

要注意点

 一番は取っ手がしっかりくっついているか確認することをしています。取っ手が取れてしまったら怪我の元です。持ち上げた時に必ず確認するようにしています。その意味でも、持ち手が一周ぐるっと回っていればかなり安全なはずです。

 2つ目は、燃えやすい材料なので、火の元から離して保管することです。

正月休みは薪ストーブが最高

 普段は共働きの忙しい家庭なので、中々薪ストーブを焚くことが大変な日々ですが、正月休みは張り切って薪ストーブを焚いています。

よく燃える薪ストーブ

スローライフな道具

 年末からここ数日薪ストーブをフル稼働させていると、つくづくスローライフ向きなストーブだなと思います。

 火をつける準備から火がついて炉が温まってきて、薪を追加して、薪がなくなれば外から持ってくる。こんなことをのんびりとやって楽しんでいます。普段は時間に追われている生活なので、こんな時間があってもいいなと感じています。

帰省をすれば皆薪焚き人

 正月休みになって、年末から社会人になった長男、大学生の次男が帰省してきました。長男、次男とも家を離れて暮らし始めて数年になりますが、薪ストーブの扱いは忘れていないようです。慣れた手付きで薪をくべたり、火力の調整をしたりしています。そんな姿を見ていると少しホッとします。

少し暑いくらいが満足できる

 どうせ薪ストーブを焚くならと張り切ってやっていますので、家の中の温度はぐんぐん上昇します。ダイニングの温度計が26度くらいになると家中が暖まり、少し暑いくらいに感じます。でもこのくらいまで暖めたほうが“薪ストーブを焚いてる”って感じでいいんですよね。

朝も暖かい

 長い休みなので、夜遅くまで薪ストーブを焚いています。2階の寝室では暑くて寝苦しいと感じることもあります。ですが、薪ストーブは燃えるのをやめてからも、本体が熱を出し続けて少しずつ冷めていくため、朝も結構暖かいです。

毎日焚くべきストーブ

 前日しっかり焚いた薪ストーブは、朝また火をつける時にも煙突内の上昇気流がすぐに復活します。なので火がすぐにつきます。薪ストーブは毎日焚いていたほうが使い勝手がよくなる道具だと思っています。毎日しっかり焚いたほうが煙突トップの防鳥ネットも詰まりにくいと思います。

やっぱり楽しい

 ここ数日思い切り薪ストーブライフを楽しむことができました。やはり薪ストーブは面倒なだけ楽しい暖房器具です。家の中で焚き火気分が味わえるのは一度味わったらやめられません。

薪ストーブでピザを焼く

 薪ストーブは家の中を温める以外にピザを焼く時には便利だなと思います。同じストーブでも石油ストーブなどではできないことです。

オーブンでピザを焼くのは結構時間がかかる

 我が家ではスーパーなどで買ってきたピザを家で焼く時には、薪ストーブを使っていない時期だとオーブンで焼きます。上手く焼けて便利なのですが、いかんせん予熱処理などでかなり時間がかかってしまいます。

 クリスマスのときは、買ってきたローストチキンを温めたりなど電子レンジを使うことが多いので、長い時間ピザのために電子レンジを使ってしまうと、料理が一気に並ばないなど困ってしまうことがあります。そんな時には薪ストーブの出番です。

薪ストーブは予熱がいらない

 薪ストーブはすでに炉内が熱くなっているので、予熱などは要りません。炉内がピザを焼けるような状態ならばピザを入れれば焼き上がります。時間もかからないので、娘などは「面倒だからピザは薪ストーブで焼いてよね」などと私に指示までしてくるくらいスピーディに焼けます。

ピザを焼く工程

 昨日薪ストーブでピザを焼きましたので、実際にどうやってピザを薪ストーブで焼くのかをお見せしようと思います。

薪ストーブで使うグリドル

グリドルを用意します

 上の写真のようなグリドルという鋳鉄でできた平たいフライパンのようなものでピザを焼きます。取っ手まですべて一体なので、革手袋で扱わないと確実にやけどをします。扱いには注意が必要です。

 ピザの裏側がくっついてしまわないように、グリドルの表面にあらかじめサラダ油を塗っておきます。

mde

薪を熾の状態にしておく

上の写真のように、ピザを焼く時間にだいたい合わせて、炉内で燃えている薪が炎が上がっていない熾の状態になるようにしておきます。薪ストーブを使っているとこの状態にすることはそれほど難しくありません。ただし今回は熾の量が少し足りませんでした。

グリドルに載ったピザ
ピザをグリドルに載せます

ピザを載せて炉内へ

 グリドルにピザを載せて、薪ストーブの前面扉を開けます。そしてグリドルを炉内に置きます。取っ手の部分が出てしまうために、扉は半開きの状態になりますが、炉内では熾が燃えている状態なので危なくはありません。

 下の写真がピザを焼いている状態です。扉はこのくらいは開いてしまいます。今回は少し熾の量が少なかったので、焼くのにいつもより少し時間がかかりました。

薪ストーブで焼かれているピザ

ピザの状態で時間調整

 ピザのチーズの溶け具合を見ながら少し早めに炉内からグリドルを取り出します。時間は大体2分から3分くらいです。グリドル自体がかなり熱くなっているので、早めに取り出さないと、裏面が焦げてしまいます。

焼き上がったピザ
1枚めのピザが焼けました

 今回は2枚ピザを焼いたので、1枚めのピザが焼けたらすぐにピザを皿に移して2枚めのピザを焼きます。焼けたピザを皿に移すときにも素早くやらないと裏面が焦げてしまうことになります。2枚めのピザは大きめのものを買ったので、ぎりぎりグリドルに載せることができました。

2枚めのピザもすぐに焼けました

 2枚めのピザを焼く時には、グリドルがすでに熱いので、1枚めのときよりも更に短い時間で炉内から取り出さないと焦げてしまいます。

 薪ストーブがアンコールの場合には、2次燃焼モードにしてピザを焼いたほうが、炉内の温度が高くなるため、表側もいい感じで焼けるような気がします。

薪ストーブとクリスマス

 1年の中でもクリスマスは薪ストーブを持っていると少し嬉しい日です。薪ストーブで暖まった部屋でクリスマスを過ごす、少しいい感じじゃないですか。

子供たちも大きくなって

 子供が小さい頃には、クリスマスは親にとっても楽しみな一大イベントでした。プレゼントの確保に走り回り、ケーキを予約して、チキンを始めごちそうを用意する。一番ドキドキするのは子供たちが寝たあとでサンタの出番の時でした。翌朝、子供たちが起きた時の歓喜の声を、布団をかぶって待っていたのを思い出します。

 今では我が家の子供達もすっかり大きくなってしまい、私達夫婦も50歳を越えました。でもクリスマス(正確にはクリスマスイブですが)は今でも楽しみです。

薪ストーブでも盛り上げる

 今回はクリスマスと薪ストーブということで書いているので、クリスマスの時にいつもと違う薪ストーブの使い方を紹介します。

薪ストーブの青い炎

青や緑の炎で幻想的にする

 通常薪ストーブの炎の色は赤というかオレンジです。上の写真のような青い炎が殆どということはあまりありません。でもクリスマスイブだけはこんなグッズで薪ストーブの炎を青や緑にして部屋を暗くしてみたらどうでしょうか。

 どんな感じで燃えるかはリンク先のアマゾンで画像が見れますので見てみて下さい(勝手に画像を貼り付けるのはまずいと思うので)。カラーコーンという商品で、松ぼっくりに発色する成分がコーティングされているものです。だいたい10分くらい青や緑の炎を出します。

 私も1度買ったことがあります。本当に幻想的な炎を楽しめます。ただし多めに入れないと満足できる炎にはなりません。また薪がどんどん燃えているときには薪が燃えている炎のオレンジに負けてしまうので、多めに熾を作った上に投入するほうが良いかもしれません。

 実は一瞬ですが、このカラーコーンと同じような炎を楽しめる方法があります。用意するのは新聞に折り込まれているカラーのチラシ。全てのチラシとは言い切れませんが、これをくりくりっと丸めて炉の中に入れると燃え尽きる前に緑の炎を見せてくれることがあります。カラーコーンにはとても及びませんが。

飾り付けをする

 100円ショップで買ったような小さなサンタの置物のようなクリスマスに関係しているものを薪ストーブの後ろ側の断熱板の上にちょこっと置きます。これでもなかなかクリスマスっぽくなるのは薪ストーブのおかげでしょうか。

ピザを焼く

 我が家ではクリスマスにはピザも食べるのですが、これについてはまた別の機会に書くことにします。