便利な革手袋

革手袋使っていますか

薪ストーブと革手袋

 革手袋ってご存知でしょうか。薄い黒い手袋のことを思い浮かべた方もいるかも知れません。今回書く革手袋は溶接の仕事などで使用する方の革手袋です。
 私も薪ストーブを使い始めるまでは、存在すら知らなかった革手袋です。しかし薪ストーブを使うには欠かせない手袋なのです。

 このようなものです。値段も高いものではありません。

軍手との違い

 一般的に作業用の手袋といえば軍手ですよね。革手袋と軍手の一番の違いは防御力です。軍手で薪を持つとすぐに棘や木片がくっついたり刺さったりします。軍手を突き抜けて手に刺さることもあります。それに比べて革手袋で薪を持っても棘や木片がくっついたりすることもあまりなく、革手袋を通して棘が刺さることもありません。自分の皮膚よりも強靭な革で守られている感じです。

 熱に関しても同様です。軍手だと熱はすぐに伝わりますが、革手袋は結構耐えます。薪ストーブのトップから薪を投入するときや、薪の位置を調整するときにも安心して作業を行えます。このような作業をするときには下のような腕までカバーしてくれるタイプのものを使います。

革手袋って便利です

 革手袋は草取りをするときにも便利です。棘のあるような草でも平気ですし変な虫がいても守られている感がすごいので強気で作業が進められます。
 革手袋は使い始めは固く感じるかもしれませんが、徐々に柔らかくなって手に馴染んできます。耐久性も抜群で長持ちするので、値段的にもあまり気になりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です