薪ストーブで窒息しないか

薪ストーブで一酸化炭素中毒?

 薪ストーブは特性上一度つけたら薪が燃え終わるまで、当分つけっぱなしになります。ストーブやファンヒーターを使っている時のように一酸化炭素中毒に注意しなくてはならないかというお話です。

 一酸化炭素中毒は身体中に酸素を届けている血液中の赤血球に一酸化炭素がくっついてしまい、身体中が酸素不足になって最悪死んでしまう怖い症状です。一酸化炭素は酸素が足りない状態で物が燃えている時などに発生します。酸素が足りている状態で物が燃えているときには二酸化炭素が発生します。

給気・排気のしくみ

給気について

 薪ストーブの給気(薪を燃やすために炉内に空気を供給する)方法は大きく分けて2つになります。1つ目は屋外から空気を引っ張ってくる方法。これはFF式のファンヒーターと似ています。我が家はこの方法です。薪ストーブから外に伸びるパイプが床下に設置されています。2つ目は屋内の空気を炉内に引き込む方法。この場合は特別な設備は必要ありません。

 アンコールなどの薪ストーブは気密性が高い設計ですが、1つ目の方法でやっていても、上蓋を開けた時、前のガラス戸を開けた時、灰受けを開けた時は屋内の空気が供給もされています。もちろん常時わずかに隙間から屋内の空気が流れ込んでいるでしょうね。

 また2つ目の方法で屋内の空気を炉内に引き込む場合でも、屋内の空気が引き込まれた分、屋内の気圧が下がりますので、結局は屋外から屋内に空気が吸い込まれます。高気密住宅の場合は換気口から吸い込まれるということになります。

排気について

 方法は1つだけです。煙突から出ていきます。薪ストーブを使っていて煙突を設置していないということは無いのではないでしょうか。そんなことしたら色々大変なことが起きることは想像できますね。

空気の流れ

 薪ストーブでの空気の流れは、屋外または屋内から炉内に空気を供給して薪を燃やし、その熱で発生した上昇気流の力で煙突から排気をします。排気されるのは2酸化炭素等です。排気をされると炉内の気圧が下がりますので、屋外または屋内から炉内に空気が引き込まれます。これを繰り返しています。

安全性は?

 買ってきてすぐに使えるタイプのファンヒーターには一酸化炭素中毒に対する警報装置がついています。薪ストーブには警報装置はありません。安全性はどうなんでしょうか。

どうして安全装置がついているのか

 我が家でも平日便利に使わせていただいているファンヒーターですが、どうして換気サインのような警報装置がついているのでしょうか。先程薪ストーブの給気・排気について書きましたので、今度はファンヒーターの給気・排気を書いてみます。給気はファンヒーターの後部から室内の空気を給気します。排気はファンヒーターの前部から暖めた空気を2酸化炭素と一緒に排気します。

 このサイクルの中には給気・排気ともに屋外という言葉が出てきません。つまり全て屋内の空気を使って暖房をしているんです。なので火を燃やすために屋内の酸素をどんどん使っていきます。屋内の酸素は減る一方ですがファンヒーターは屋外の酸素を供給するしくみを持っていません。そこでそろそろ窓を開けて屋外から酸素を屋内に供給して下さいという警報がついているのです。(FF式のファンヒーターは屋外の空気で燃焼、排気は屋外へというパイプを設置しています)

薪ストーブに換気の警報装置は必要ない

 薪ストーブに戻って考えてみると、薪ストーブは常に暖房中に薪を燃やすのに必要な酸素を屋外から引き込んでいますし、薪が燃えて発生した2酸化炭素などは煙突を通じて屋外へ排気しています。薪を入れる時などにわずかに室内に2酸化炭素が入り込むこともあるでしょうが、無視をしてもいい量だと思います。薪ストーブは一酸化炭素中毒については非常に安全な暖房器具だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です