キャンピングカーにオーブンレンジ

 我が家のキャンピングカーにはオーブンレンジを積んでいます。オーブンレンジと言っても一番コンパクトなタイプですが、電子レンジを積んでいるキャンピングカーはよくありますが、オーブンレンジを積んでいる方はあまりいないのではないでしょうか。

 どうしてオーブンレンジかというと、発電機を積んでいるんだからオーブンレンジを積んでもいいじゃんという簡単な発想です。オーブンの機能はかなりの電力が必要なので、発電機がないと使うのは難しいと思います。またオーブンレンジの置き場所が取り外せる椅子の下になっているため、熱が出ても上をオープンにしておけば心配ないことも理由の一つです。

 キャンピングカーの居室のスペースは限られていますし、特に我が家のデイブレイクは本当に狭いので、同じ大きさで色々なことができる道具は重宝するんです。

電子レンジは便利

 当たり前のことなんですが電子レンジが使えるということは本当に便利です。食品を温めるのはもちろん、お湯を沸かしたり、蒸しタオルを簡単に作ったり、皆さんがご存知のとおりです。ざっと考えただけでもこれだけ使い方が思い浮かぶような道具なので、自分も家に比べると基本的に色々と不便なキャンピングカーにあると本当に便利です。我が家の場合、電子レンジはパックのご飯を温めるのに一番使っています。キャンピングカーで旅をしていても、いつでも気軽に美味しいご飯が食べられるのは助かります。

冷凍食品で食事の幅も広がる

キャンピングカーには冷凍食品が便利

 先日は旅先のスーパーでその地域独特のものを買って夕食にするというようなことを書きました。主には惣菜がおかずとなるのですが、中々これといったものがないときも正直あります。そんな時には冷凍食品です。スーパーに行くと色々な冷凍食品があります。パスタだけでもかなりの種類がありますし、その他の麺類やチャーハン・ピラフなどのご飯物、リゾットもあれば焼きおにぎりもあります。調べてみたらガパオライスなんてのもあるようです。聞いたこともないものですが、タイ料理なんですね。レンジでチンするのに半熟卵が乗っているそうです。今度食べてみようと思います。

オーブン機能は何に使う?

 さて我が家がキャンピングカーに積んでいるのはオーブンレンジです。電子レンジについて書いてきましたので、こんどはオーブンについて書きます。

 電子レンジの弱点は“焼く”ということができないことです。オーブン機能では食パンを焼くことができます。これが結構上手く焼けます。ピザを焼くことができます。でもピザはまだ焼いたことがありません。後はグラタンなど焼くタイプのものができます。オーブントースターがあればできることばかりですが、電子レンジと一体化していることでスペースの節約になります。

 オーブンレンジがあれば電子レンジよりも更に色々なものを、料理なしに食べられるようになります。本当に便利な世の中ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です