リン酸鉄リチウムイオンバッテリー問題に進展がありました

充電はやっぱりだめ

 バッテリーとインバーターの調子がおかしくなってきてから色々試してきました。前回書き忘れてしまったのですが、新しく買ったインバーターが一応100Vの電気を供給してくれたので、エラーが出ない程度の電化製品、扇風機を回していました。消費電力の小さい扇風機ですがそれでも電力は消費します。もっとも消費電力の大きな電化製品はエラーで止まってしまうので選択の余地はありません。

 ある程度の時間扇風機を回して、インバーターに表示されている入力電圧も下がってきたので充電器を差してみました。今回は前回のようなエラーのような点滅はありませんでしたが、LEDは緑です。緑ということは充電完了ということです。バッテリーに電気はあまり溜まっていないようなので、充電はしないということですね。

 自分で購入した充電器は発送から20日経ってやっと飛行機に乗ったようです。到着にはまだまだかかりますね。

売り主との長いやり取り

 このトラブルが起きてから売り主とのチャットは続いていました。長いときには1週間も返事が来ないので半ばあきらめながらのやり取りでした。

 そんなやり取りをしている間に、私が買った同じメーカーのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーのアマゾンのコメント欄をチェックしていると、トラブルに遭遇している人が多数いました。

 トラブルは”充電できない”というものですね、やっぱり。その中で少し気になったものがありました。BMSを交換したら治ったというコメントです。

BMSとは

 このブログを読んでくれている方の中には私のようにバッテリーのシステムにあまり詳しくない方もいると思うので、他のサイトの説明を拾いながらBMSについて説明しますと

 BMSとはバッテリーマネジメントシステムのことです。バッテリーの充電や放電の制御、安全制御などを行っています。電気を貯めるセルから電気を取り出すにも、充電するにもBMSを通して行っています。

 このBMSが異常だとバッテリーは正常な動作をしてくれません。私はBMS交換のコメントを読んでからどうやらこのトラブルの解決方法はBMSの交換かなと思うようになっていました。でもBMSについても詳しくないし、取り敢えず購入した充電器を試すしか無いと思っていました。

チャットの再開

 そんなことを思っていたところ、売り主から久々のチャットの返信がありました。バッテリーで何を動かしている?それはどのくらいの電気を使う?といったような質問で、前にも答えた内容だったので「前にも答えましたよ!」と送りました。

 チャットはずっとこんな調子で、充電しながら使ってる?とかどこで使ってる?とかちょこちょこ聞いては返事が途切れるを繰り返している上に、前と同じような質問をまたしてきたので正直イヤになっていました。

 すると今回の答えは、多分BMSの故障です。あなたが自分で交換できるなら送りますよと言ってきました。簡単にできるの?と聞いてみましたが、自分で交換するなら送ると繰り返すので「送って下さい」と返しました。

 コメントしていた方のやり方を参考に、今ついているBMSを交換すりゃいいんです。なんとかなるでしょ。ここまできたら半分やけくそです。届くまでには1ヶ月、それまでに少し勉強しとこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)