薪ストーブの総額

薪ストーブと猫

 ネットやチラシでみればすぐに価格のわかる暖房器具と違って、薪ストーブは設置の手間もあって、実際総額いくらで自分の家に設置できるのかは分かりづらいですよね。今回は10年前の話になりますが、薪ストーブがどのくらいの価格で導入できるかの話を書きます。物がモノなので価格的には今でもあまり変わっていないのかなと思います。

まずは本体価格

 薪ストーブを自分の家に設置しようかと考えた時に真っ先に見るのが薪ストーブ本体の価格でしょう。本体の価格はホンマ製作所の薪ストーブの価格はネットで見れば出ています。しかし、海外のメーカーのものについては殆ど出ていませんね。

 私は薪ストーブを買う前に、いろいろな人に話を聞きましたが、あまり情報はありませんでした。一番情報を持っていたのは金属関係の仕事をしていた義父でした。しかし得られた情報は「日本では薪ストーブを使ってこなかった」ということでした。昔、お金持ちが『見せる』ために薪ストーブを設置はしていたが、昔から薪ストーブで暖房をしているという話は聞いたことがなかったとのことです。

 そのためか、薪ストーブの有名なメーカーはヨーロッパかアメリカ、カナダなどが多いようです。薪ストーブを買う時に言われたのが「一生物」ということでした。自分が生きている間は十分使えるものをメーカーは作っています。そのせいか価格もお高めになっています。私は薪ストーブを使い始めて10年ほどになりますが、消耗部品を除けば何処かにガタが来たり、問題が起こるようなことはありません。この先何十年も、使う気があれば百年以上も大丈夫なんだろうと感じています。

 さて、そんな薪ストーブの本体の価格ですが、我が家の薪ストーブはアメリカのバーモントキャスティングス社のアンコールエヴァーバーンという薪ストーブを使っています。色はブラックです。このストーブの本体価格は購入時値引き後で40万円強でした。他のメーカーの薪ストーブも見ていて、高いなと感じていなかったので、同じ暖房能力の薪ストーブは大体この価格なんでしょう。

煙突の価格

 煙突は薪ストーブの設置の仕方によって価格が変わります。煙突の長さや高価な断熱二重煙突の比率などで大きく価格が変わります。

 我が家の場合は、吹き抜けにストレートで煙突を伸ばしたため、煙突の値段的には安い方だったかもしれません。

 さて我が家の煙突の価格は30万円強でした。

設置費

 薪ストーブを設置するには結構な人手と手間がかかるので、それなりにお金もかかります。我が家の場合には15万円ほどでした。

全部でいくら

 今まで書いてきた料金を全部足したものは、90万円弱になりました。自分たち夫婦だけでも40年位使うとすれば、この価格はどんなものでしょうか。価値観感は人それぞれなので皆さんはどう思われますか?

 私達は家を建てるときに薪ストーブを導入したので、家の建築費用の他に90万円ほどのお金を薪ストーブ屋さんに払いました。これは結構な負担でした。でも今は薪ストーブを導入してよかったと思っています。

その他の費用

 上の金額の他に、薪ストーブの土台や、後ろ側の遮熱板、外からの空気パイプの設置にもお金がかかりますが、これらは家を建てる費用の中に入ってしまっているので、費用はよく分かりません。

キャンピングカーが出発する季節が近づいてきた

 まだまだ寒いですが、2月も下旬に差し掛かってきました。ちょっと気は早いのですが、もうすぐ春。花粉症の季節が、じゃなくてスタッドレスタイヤを履いていないキャンピングカーでも出かけられる季節が近づいてきました。

段々ワクワク

 昨年の夏ころから家庭の事情で封印されていたキャンピングカーでの旅行。このところつまらない、つまらないとぼやく毎日でしたが、いよいよ3月が近づいてきました。3月が過ぎれば4月です。あたりまえのことばかり書いていますが、4月になればスタッドレスがなくてももう大丈夫。我が家のキャンピングカーも発進できます。

 そろそろストレスも限界に達しています。少しいつもと違う世界に浸ることが必要です。この既設になると、もう薪ストーブだけでは癒やされなくなってきます。アンジュも頑張っていますが、アンジュを足しても駄目です。

もっぱら何処に行くか話している

 最近の夫婦の会話で多いのは、まずは何処に行くかという話です。結論になるとどこでも良いから行きたい!となるのですが、色々と想像して、思いを巡らせているのも楽しいのです。

 キャンピングカーでちょくちょく旅行に行っていた時には、平日には「今度何処行く?」とか「こんなとこ行きたいんだよね」と、しょっちゅう夫婦で話していたことを思い出しました。行きたいところはまだまだたくさんあります。

準備をせねば

 いざ旅行に行きだしてしまうと、旅行に行かない週は雑用に追われることになり、キャンピングカーを便利にするようなこともできにくくなるので、今のうちに揃えるものは揃えて、いつでも快適に旅行へ行けるようにしておかなければと思います。

 あー楽しみで仕方がない!

薪ストーブは煙突が命

 薪ストーブというと、とかく本体に目が行きがちですが、煙突がなければ薪ストーブは焚くことができません。

薪ストーブの煙突

煙突の役割

 薪ストーブの煙突の一番大きな役割は、燃焼後の空気を排出することです。煙突が家の外に燃焼後の空気を排出してくれなければ家の中は大変なことになります。

 次の役割は、燃焼後の空気を排出する力で、薪ストーブの炉の中に空気を吸引することです。薪ストーブの炉内は非常に気密性が高く、薪が燃えている時には、空気が細く長い通路を通ってしか入ってこれないような機構になっています。なので炉内に空気を引き込むにはすごい力が必要なのです。

 3つ目の役割は家の中を温めることです。薪ストーブというと本体が温まって、本体の熱で家の中を温めるイメージがあると思いますが、実は煙突の方が家の中を温める働きは大きいのではと思います。煙突には熱せられた空気が通っていますし、熱も通しやすいのです。更に家の中で空気に触れている面積も大きいからです。間違って煙突に触ってしまうとやけどをしてしまいますのでご注意を。

煙突の種類

 一見ただの筒に見える煙突ですが、実は2つの種類があって、場所によって使い分けられています。

 1つ目の煙突は断熱2重煙突です。煙突の筒が2重になっていて、その間に断熱材が入っています。どうして断熱材が入っているかというと、煙突から出る熱を遮断するためと、煙突の中を上っていく熱い空気を冷やさないためです。

 この煙突は大体、煙突が屋根裏に入る直前から使われます。天井から屋根裏と屋根を熱から守るためと、外に出た煙突の中を上っていく空気を冷やさず、一気に外に放出するためです。煙突が外に出たところで、煙突の中を上がっていく空気が急激に冷やされると、煤が付きやすくなって、煙突詰まりの原因になります。

 2つ目の煙突はシングル煙突です。これは皆さんおなじみの普通の煙突です。この煙突は煙突が天井に行く前までで使われます。何故かと言うと、価格が安いですし、断熱の煙突を使ってしまうと、家の中を温めるという煙突の大事な役割を果たせなくなってしまうからです。

思いの外高額です

 煙突は薪ストーブの付属品のように思われるかもしれませんが、実は本体と同じくらい高額です。見積書を見るとえーっと驚くことは間違いありません。まあそれくらい薪ストーブにとって無くてはならない存在ということですね。

身も心も毛だらけ

 我が家の愛猫はメインクーンのアンジュです。メインクーンは巨大猫で有名な種類なので、アンジュもメスなのに体重は7キロ以上あります。

体が大きいということは毛もすごく生えてる

 メインクーンは長毛なので、全身長い毛で覆われています。その上、体が大きいので余計に毛がたくさん生えているのです。

 なので、ブラッシングがかかせません。ブラッシングをサボっていると、色々な所に毛玉ができてしまって、毛玉取りが大変なので、余計にブラッシングを嫌がるようになってしまいます。

 今日も嫌がるアンジュを押さえつけながらブラッシングをしました。残念なことに毛玉がだいぶできていました。

 痛がって嫌がるので、今日は写真くらいでやめました。多い時には写真の倍くらいの毛をブラッシングで取り除きます。

dav

 このブラッシングをしないと、毛玉ができる他にも家中が毛だらけになってしまうことにもなります。とにかく面倒がらずにこまめにやっていくしかありません。

夜寝る時に薪ストーブをどうするか

 薪ストーブはスローライフに最適な暖房なので、エアコンやファンヒーターなど今どきの暖房機のような機動的な使い方はできません。

火をつけるのは大変

 薪ストーブに部屋を温めさせるには、まずは薪に火をつけなければなりません。薪に火をつけると言っても、いきなり薪に火はつきません。まずは燃えやすいもの、紙や木のクズなどに火をつけて、徐々に太い木に火を燃え移らせます。ある程度太い木が燃えたら薪にも火が燃え移ります。

 調子良くいった時には、薪に火が移るまでに10分から15分くらいです。そこから薪ストーブ自体が温まって熱を出し始めるまでに15分から20分くらいです。つまり上手く行って30分強くらいでストーブとしての役割を果たし始めます。

一旦ついたら消えない

 薪ストーブが勢いよく燃えだしたら、今度はすぐに消すことはできません。燃えている薪の量にもよりますが、太い薪を2~3本入れていれば、数時間燃えることもあります。

薪ストーブを使い始めるまでの不安

 すぐに消せないのに大丈夫なのか、これが薪ストーブを使い始めるまでの不安でした。今までの暖房器具は通常使い終わったら消すという使い方をしてきました。なので人がいないところで暖房器具が消えていないというのはすごく不安でした。

大丈夫でした

 そんな不安は使い始めたら吹き飛びました。薪ストーブは燃やしっぱなしでも大丈夫です。我が家では、買い物に出かけるときも薪ストーブはついています。買い物から帰ってくると、熾になっているところへ薪を追加して、再びストーブを暖めます。薪ストーブは燃やしっぱなしなので、ずっと家の中を暖め続けます。

夜寝る前には長く燃え続けるように工夫する

 夜に至っては、寝る前に薪を目一杯入れて、2次燃焼モードにします。これで燃やしっぱなしの時間をわざと長くして、薪ストーブに家の中を暖め続けさせます。こうすることで朝も家の中を温かい状態にできます。寝ているときに薪ストーブが調子よく燃えすぎると、暑くて寝苦しくなるので注意が必要です。

燃えっぱなしでもどうして大丈夫なのか

 人が見ていないところで、薪ストーブを燃やしっぱなしでもどうして大丈夫なのかですが、その理由は薪ストーブの場合は薪ストーブが置いてある場所が専用になっているからです。周りのものから余裕を持って設置されているので、他のものに燃え移る心配がありません。どこかから飛んできたものが薪ストーブの上に乗ってしまったら、危ないかもしれませんが、そんなことは無いように使っています。専用の場所を確保しているのでこのようなことも起こりにくいのです。

 このように、すぐに着けたり消したりできない暖房器具なので、逆になるべく消さないように使うのが薪ストーブの使い方となります。

寒い日は薪ストーブ

 近頃寒い日が続いているので、休みの日は1日中薪ストーブを焚いています。キャンピングカーの旅行記録用に買ったアクションカメラで薪ストーブが燃えている様子を撮影してみました。

撮影が難しい

 昼間に撮影してみたら、綺麗に映るものの、薪ストーブの耐熱ガラスに反射して部屋のものが写ってしまいます。そのため炎も見えづらくなってしまうので、夜に撮影してみました。夜は夜で、熾になっている部分が紫色に写ってしまいます。難しいですね。

アクションカメラが少し溶けた

 炎をよく移そうとして、薪ストーブのそばで撮影させていたたら、気がついたらアクションカメラの前面カバーが溶けてしなってしまいました。

アクションカメラの上から

アクションカメラの横から

 機能的には問題ないようなので、隙間から水が入らないように木工用ボンドを詰めておこうと思います。気をつけないといけませんね。

 うまく撮れていませんが、こんな感じで燃えているなとわかっていただければと思います。

これが最高~

 何でも無いことなんです。今日書くことはどうでもいいことです。

妻が言った

 奥さんが昨日、「◯◯くらいならこの3連休で行けるんじゃない!」と突然言いました。とっさのことで「娘は受験だし、今2月だぜ」と返したのですが、いろいろ気になるところがあって、今日確認をしました。

 「昨日、行けるって言ったのはキャンピングカーでってこと?」と聞いたら「そうだよ」との答え。

ずっと頑張ってきた

 さっき言った言葉が俺にとってどの位大きな言葉だったか。

 薪ストーブにしたって、キャンピングカーにしたって、元々俺には全然興味がないものだった。っていうか、俺が面倒くさい類のものだった。もっと言えば俺の好みの正反対のものだった。

 それを奥さんが熱心に良い、良いって言うもんだから、叶えてあげたいなと思って頑張った。本当に頑張ったんだ。

 でも叶えても、それが気に入らないのか、マジ、キャンピングカーもカッコよくないし。そういうことなのか、薪ストーブもキャンピングカーも必死に使うのは俺。いつでも気の無い感じで、何だか訳がわからないから、俺が薪ストーブもキャンピングカーも好きだったんだーーーーーって思うしかなかった。金かけっちゃったし、今ここにあるんだから。

嬉しかった

 何だか、薪ストーブもキャンピングカーも俺のわがままで買ったみたいな感じになっていて、ここままできてるけど、でも買うまでは奥さんの願いを叶えようと思って頑張ってきたのに、今は買っちゃったことを正当化するために頑張ることになっちゃったけど、なにか違うよなとずっと思ってきた。

 でもさっきの言葉を聞いて嬉しかった。俺がしてきたことは無駄じゃなかったって思った。

 でもキャンピングカーにスタッドレスタイヤを履いていないので、無理だと言いました。残念。

キャンピングカーにマッサージ機?

 キャンピングカーに備えたいもので考えていたのがマッサージ機です。笑わないでくださいね。意外な考えかと思われるかもしれませんが、長い間旅行に行けば疲れることもあるかなと想像して、マッサージ機を積んでおけば快適な旅が送れるかもと考えたわけです。

こんなマッサージ機を買っちゃいました

 購入したマッサージ機はこういうものです。

 マッサージシートというもので、椅子やソファーに立てかけて使うタイプのものです。これならば家でもキャンピングカーでも使えるかなと思ったのです。使っていない時には平たくすることができるので、常設2段ベッドの上に置いておけばいいかなと考えて買いました。

実際に届いてみると

マッサージシート

 届いた時の箱はすごく大きくて、最初はこりゃ家専用になっちゃうかなと思っちゃいました。更に箱から取り出してみると思った以上に厚みがありました。重さはまあまあ。実際に持ってみると、持ち運びもそれほど大変ではありませんでした。これならキャンピングカーの中に持ち込むのも大丈夫そうな感じです。

使い心地は

 マッサージ機能はいい感じです。結構な力で揉んだり叩いたりしてくれます。妻が言うには以前あったマッサージチェアよりもいい感じだそうです。これなら家とキャンピングカー両方で活躍してくれるでしょう。

旅行での出番はいつ

 長い旅に出たいなと色々妄想を膨らませて、マッサージ機まで買ってしまいましたが、一体いつになったら長い旅になんか行けるんでしょう。どっちかといえばそちらのほうがすごく問題だったりします。

走行中に発電機は使えるか

キャンピングカー搭載の発電機

 以前にも書きましたが、我が家のキャンピングカーには発電機が積まれています。発電機は音がうるさいことを除けば非常に便利なもので、キャンピングカー旅行の自由度を大幅に広げてくれる便利グッズです。

通常は停車中に使う

 発電機を使う用事があるのは大抵停車中です。走行中は人が運転席にいますし、ベース車で発電もされています。また走行中にお湯を沸かしたり、電子レンジを使うということはまずしません。

 しかし例えば、走行中に居室にも誰かが座っていて、ドライヤーを使いたかったらどうするかとか、走行中に色々なものを充電するのに発電機を動かせるのだろうかと考えたことがあります。走行中であれば発電機の音の問題も無くなります。

実際にやってみた

 お試しはキャンピングカーでの旅行中に行いました。朝食の時に発電機をつけてそのまま1時間位かかる目的地まで車を走らせたのです。運転席では走行中はいつもと同じでした。

 目的地について恐る恐る発電機の様子を探ると、発電機の音が聞こえてきました。走行中も発電機は無事動き続けたようです。意外と大丈夫なもんだなと感じました。その時は居室から発電機を止めて実験終了しました。

異変はあった

 前日大丈夫だと思った発電機ですが、翌日にキャンピングカーの周りを見ていて、ふとあることに気が付きました。発電機の排気口が真っ黒になっているのです。黒くなった原因は煤のようです。今までに排気口が汚れたことはなかったのでびっくりしました。

 どうしてこうなったかと考えてすぐに思いついたのは、試しに走行中に発電機をつけていたことでした。直感的にこりゃやばいと感じ、それからは走行中に発電機を動かしたことはありません。発電機は修理も高価で大変なので、リスクを犯すわけには行きません。

発電機に異常はなかった

 それから発電機は何度も使っていますが、排気口が汚れることもありませんし、動作もおかしなところはありません。

 ですが、煤が排気管から出たということ自体は異常だと思うので、走行中に発電機を使うのは良くないのかもしれないと思っています。

 普通考えてみると、発電機は地上に置いて使うことを想定して作ってあると思うので、ガタゴト上下左右に振られるような環境で使うと負担がかかるのかもしれません。実際のところは分かりませんが、私は走行中には使わないでおこうと思います。

冬のキャンピングカー

雪化粧したキャンピングカー

 昨日の夜に雪が降りました。キャンピングカーもうっすら雪化粧です。我が家のキャンピングカーはスタッドレスタイヤを履いていないため、冬の間はお休みです。ですがそのうちには冬も出動することもあるだろうと考え、疑似体験をしてみることにしました。

夜にやってみました

 外はしんしんと冷え込んでいます。気温はマイナス5度。温かい家からキャンピングカーへ移動します。

寒々としたキャンピングカーの居室

 キャンピングカーの中は寒々としていて、室温はマイナス5度。外と同じです。動かしていないのでこうなりますね。

ベバストヒーターをオン

 こういうときには先日冬のキャンピングカーは寒くないかで書いたベバストのFFヒーターを使うしかありません。すぐにスイッチオンです。30秒ほどで温風が出始めました。しかし寒い。5分ほどテーブル席で我慢しましたが耐えきれずバンクベッドに潜り込みました。

 ベッドには毛布しかありませんが、毛布にくるまるとそれでも寒さを少ししのげます。寝転びながらスマホで時間を潰しました。顔だけが異常に寒いのですが、キャンピングカーに来て30分位で少し室温が上がってきたのを感じました。毛布にくるまっていれば震えるような寒さではありません。

バンクベッドで毛布にくるまる

妻は速攻退却

 この頃に妻が様子を見に来ました。「寒い寒い」といいながら2段ベッドに潜り込みましたが、10分もしないうちに「もうだめ、寒すぎる、帰る」と家に戻っていきました。やはりまだまだ寒いようです。

1時間頑張った

 私の方はまだ頑張りました。寒いのですが、不思議なことに段々と眠くなってきて、これくらいの寒さなら眠れるのかなと思いました。

 キャンピングカーに乗り込んで1時間後の室温は12度でした。ベバストヒーターをずっとつけていれば20度以上にはできるなと思いました。寝ている間ベバストヒーターをずっとつけて寝たこともあったので、多少音は気になりますが、その方が快適かもしれません。

必要だと思ったもの

 今回の体験で、冬にキャンピングカーで出かけるのならば必要だと思ったものは、掛け布団と電気毛布でした。足元に小さな電気カーペットがあれば、尚いいかなとも思いました。電気毛布と電気カーペットを使うとなれば、先日書いたポータブル電源が必要になります。ベバストヒーターをつけっぱなしにするほうが、総合的には安いのかもしれません。

 スタッドレスタイヤは絶対に必要です。もしもポータブル電源まで買うとなると、こりゃお金を貯めないと大変です。当分冬にキャンピングカーの出番はないな。