新聞紙で作る薪

mde

 薪ストーブを初めて焚いた頃に一生懸命取り組んでいたのが新聞紙で作る薪です。大量にある新聞紙を有効利用するにはいい方法です。

作り方

 下のような道具を使って作ります。

 まずはバケツを用意して水を入れます。私は水ももったいないので風呂の残り湯を使っていやっていました。新聞紙をバケツの中の水に入れて新聞紙を軽くもみます。少しぐちゃぐちゃになったほうが後の作業がやりやすくなります。

 新聞紙に十分水を含ませたら、上のような道具の容器に新聞紙をぎゅうぎゅうと詰め込んでいきます。詰め込む最適な量はやっているうちにだんだんわかってきます。新聞紙を詰め込んだら道具のレバーに体重をかけて水をぎゅーっと絞ります。

 水を絞ったら新聞紙を容器から取り出します。新聞紙はレンガ状にしっかり固まります。

 これを日当たりの良いところに並べて天日干しを行います。暖かい日ならば次の日には乾いています。乾いた新聞紙の薪は非常に軽くなるので、持ってみればすぐに分かります。たまに乾かしっぱなしで雨に濡れてしまったこともありますが、そのままにしておけばいつかは乾きます。

労力は

 一度に作る量にもよりますが、結構疲れます。それにやればやるほど作るのが面倒になってきます。特に実際に燃やしてみると、さほど役に立つものでもないので、更に作るのが面倒になってしまいます。

燃え方はどうか

 紙なのでブロック状になっていてもよく燃えます。煙もあまりでません。しかし熱量はそれほど多くなく、熾の状態で少しずつ燃えるイメージです。

新聞紙の薪だけで暖房するのは無理なので、通常の薪の中に放りこんで使います。

問題点は

 作るのが面倒という他に新聞紙で作る薪の問題点はというと、木を燃やしているときよりも大量に灰がでることです。灰の量はびっくりするくらいの量が出るため、灰の処理の手間も増えます。

新聞紙薪の改良版

 あまり熱を出さない新聞紙の薪の熱量を改善しようと私がやっていたのが、薪を切った時に出たおがくずを新聞紙薪の中に埋め込むというものでした。おがくずの処理にも困っていたので思いついたのですが、容器に入れる新聞を3分ほどにして、その上におがくずを3分ほど、その上に新聞紙をまた乗せて圧縮します。

 ちゃんと上手く乾燥してよく燃えてくれるので、一時は気に入って作っていました。

おがくずの利用法

 新聞紙薪とは関係ないのですが、新聞紙薪を使っていない今、おがくずをどうやって利用しているか蛇足ですが書きます。

 現在おがくずは、牛乳パックの中にギュウギュウと詰め込んで薪と一緒に燃やして使っています。よく燃えますし簡単です。おがくずもすぐに無くなります。

キャンピングカーの事故が起きたようです

 何気なくニュースを見ていたらキャンピングカー横転のニュースが出ていました。

キャンピングカー横転 小中学生など4人搬送 中央道
2019年3月11日 17時52分
11日正午ごろ、相模原市の中央自動車道の上り線でキャンピングカーが横転する事故があり、小学生と中学生を含む4人が病院に搬送されました。いずれも搬送時は意識があったということで、警察は事故の原因を詳しく調べています。
11日正午ごろ、相模原市緑区の中央自動車道の上り線の藤野パーキングエリア付近で、キャンピングカーが道路左側ののり面にぶつかって横転しました。

この事故でキャンピングカーは大破し、乗っていた小学6年生の男子児童と中学生の男子生徒を含む4人が病院に搬送されましたが、いずれも搬送時は意識があったということです。
また、運転していた46歳の男性にけがはなかったということです。

現場は藤野パーキングエリアから山梨県側に1キロほど離れた片側2車線の直線道路で、警察は事故の原因を詳しく調べています。

NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190311/k10011844001000.html

 幸い人が亡くなるような事故ではなかったようですが、けが人がでた痛ましい事故のようです。

事故の原因は

 キャンピングカーを買おうと思い始めてから、このような事故のニュースには気をつけるようにしています。どうして事故が起きたのか、人ごとではないので知りたいのです。

 今回の事故は追い越し車線を走っていたキャンピングカーが走行車線を横切って高速道路左側ののり面にぶつかって横転という事故らしいです。

 キャンピングカーで追い越し車線を走っている時には、かなり緊張していると思うので(私だけ?)運転操作を誤ったり、何か落ちたものを拾おうと思うというようなことはない気がします。

 また風に煽られて走行車線を横切ってしまうということも考えにくい気がします。もしかしたら私がまだそんな気象条件に遭遇していないだけなんでしょうか。

 画像をよく見ると、左リアタイヤが変形しているようにも見えます。バーストしているかは分かりませんし、ぶつかった時に変形したのかもしれません。いずれにしてもニュースだけでは事故の原因はちょっとわかりません。

事故と隣り合わせ

 乗り物に乗っていれば事故に合う可能性は常にあります。しかしキャンピングカーの場合はキャンピングカー自身で事故を起こす可能性の高い乗り物だと思っています。

 実際にキャンピングカーを運転していると、風の影響を非常に強く受けますし、ブレーキを踏んでからの制動距離も長いです。また居室は重いので、常にタイヤにはかなりの負荷がかかっています。

 事故を防ぐには、日頃の車の整備(特にタイヤ)とのんびりはしるくらいしか思いつかないので、これらを実践していこうと思います。

ライトキャブコンの居室の間取り

ライトキャブコン

 ライトキャブコンといってもたくさんの種類がありますが、今日は我が家のkyんピングカーの居室の間取りを紹介します。

とにかく無駄なく配置されています

 我が家のキャンピングカーは、ライトキャブコンと言っても、かなり色々なものが詰め込まれていますので、あまり参考にならないかもしれませんが、こんなライトキャブコンもあるんだ程度に見てみてください。

間取り図

 本当に簡単ですが、ちょこっと間取り図を作ってみました。

ライトキャブコンの間取り

 上が運転席側となります。

間取りの説明

 では数字の順番に間取りの説明をします。

  1. バンクベッド。横向きに大人が寝れるので、妻と娘ならば余裕で寝れます。居室のベッドの中で一番大きなベッドです。バンクベッドの下には運転席と助手席があります。バンクベッドに登るにはシンク横の台に足をかけます。
  2. シンク。我が家のキャンピングカーのシンクは非常に小さく、位置も際どいところにあるので、料理はできません。洗い物、歯磨き、洗顔などに使います。シンクの下には水のタンクが2つ設置されています。またシンクの横には冷蔵庫が収納されていています。冷蔵庫の上の台では、刺身を切ったりくらいのことはできるスペースがあります。
  3. 靴置き場。外に出るドアの横に設けられている小さな靴置き場です。ここにはサンダルを置いておいて、キャンピングカーを止めたあとはサンダルで外に出ます。靴はかさばるので運転席や助手席の下に置いておくことが多いです。
  4. トイレ。身長175センチの私にはちと狭いトイレです。妻や娘は余裕だそうです。
  5. 2段ベッド。⑧の青い部分まで2段ベッドになっています。大人が寝ることができます。2段ベッドの下の部分は収納庫になっています。
  6. 座席。大人が2人づつ座れます。座席の下はオーブンレンジ置き場や収納庫になっています。ファンヒーターも格納されています。
  7. テーブル。⑥の座席とテーブルでベッドを作ることができます。我が家では面倒なので作りません。
  8. 発電機。2段ベッド下の収納庫の一角に発電機が収納されています。

 以上が間取りの説明です。色がついていないところだけが立ち上がれるところです。もう少し広いと良いなと思いますが、この大きさにこれだけ詰め込んだらこうなるなといういい例だと思います。