キャンピングカー旅行のコスパ

 キャンピングカーで旅行に行く=車中泊旅行です。この旅行ってコスパ的にはどうかという話を今回は書きます。

宿泊費

 言わずもがな、キャンピングカーの旅で一番コスパがいいのは宿泊費ではないでしょうか。車中泊なので無料です。とは言っても我が家の旅行は朝が遅いので、停めて頂いた道の駅で朝の買い物を楽しんでいくのが日課です。その分はホテルに泊まるよりもお金がかかっているかも。

食費

 食費を安くしようとすればいくらでもできます。朝食はパンにマーガリンに牛乳、昼はカップラーメン、夜はスーパーの惣菜等々。冷蔵庫に収納庫もありますし、お湯を沸かすことや電子レンジを使うこともできるので、かなり幅広く安い食事を摂ることができます。最近は冷凍食品も充実してきているので助かります。カップラーメンも安売りのときのものを積んでいます。食費もコスパがいいと言えると思います。

燃料費

 我が家のキャンピングカーはガソリン車です。燃料費については通常の車よりは高いです。ベースが1800ccのトラックなのでめちゃめちゃ燃費が悪いわけでもないのですがハイブリッド車や軽自動車などに比べると燃費は悪いです。なので燃料費についてはコスパが悪いです。燃料費を抑えることができればもっと旅を楽しめるのですが残念です。

高速代

 高速代金は軽自動車には負けますが、普通車と同じ料金なのでコスパが悪いとは言えません。そうは言っても高速料金は高いですね。

旅に出かける労力

 これは金銭的なコスパではないのですが、精神的なコスパ?とでもいうものでしょうか。たびに出かけるのに緊張感というか縛られる感というか気合がいりません。下着も含めて大体の必要なものは常にキャンピングカーに積んであるので、出かけるときに準備するのは水や食べ物、下着以外の着替えくらいなものです。なので行くかという感じで出かけられます。また都合が悪くなったり、天気がやばかった場合には簡単に中止もできます。

時間

 これも金銭的なコスパではないのですが、時間についても書いてみます。

 移動時間は我が家のノロノロなキャンピングカーでは普通の車に比べてすごくかかります。わかりやすく言うと、普通カーナビはスタート時から到着に向けて到着時間が短くなっていくイメージが私はありますが、キャンピングカーで出かけると到着予定時間がどんどん伸びていきます。

 移動時間はかかりますが、目的地にたどり着けなかったときに宿泊場所を変えて予定を変更なんてことが簡単にできます。

全体的に

 キャンピングカー旅行ではこれまで書いてきたコストにキャンピングカーを購入するコストが加わります。特に我が家のようなキャブコンでは日常生活でも使うということが難しいので丸々旅行費用に乗っかってくる感じです。さてキャンピングカーの旅行は結局コスパはいいのかな?

伊香保温泉から榛名湖へ

 草津温泉には2度ほど行ったのですが、伊香保温泉には行ったことないよねということで今回は伊香保温泉に向かいました。

伊香保温泉

 来ました。伊香保温泉の石段です。写真で見ていたよりも幅が広い。

 ハワイ王国公司別邸や河鹿橋までぐるっと観光したのですが、せっかく伊香保温泉に来たのにタオルも持って出なかったので温泉に入れませんでした。今度来たときには伊香保温泉石段の湯に入ろうと思います。

道の駅 中山盆地

 この日キャンピングカーで車中泊したのは道の駅 中山盆地。途中の西友で夕食を買って泊まりました。とてもゆっくり休めました。

 翌日は10時くらいまで道の駅で買い物を楽しんだりした後に出発しました。

榛名湖

 榛名湖には初めて行きました。湖の周りをグルッと回りながら似ギヤな場所にたどり着きました。するとそこには…

馬に乗った

 馬がいました。観光客を馬に乗せていたのです。ここ何年か馬に乗ってみたいなとなんとなく思っていたところに馬が。でも子供しか載せていないだろうなと思ったら「乗らないかい」と声をかけられました。料金で奥さんが反対。でも今逃したらと考えて奥さんを説得して乗っちゃいました。

 馬に乗った体験は最高の思い出になりました。

榛名神社

 馬に乗った場所から少しのところに榛名神社があります。榛名神社は初めて行ったのですが参道には店もたくさんあり、歴史のある立派な神社でした。

 今回の旅はなんと言っても馬に乗れたことが一番の思い出になりました。そして榛名神社にお参りできたのも良かった。いい旅でした。

闘牛を見に行ってきた

 ネットで今度はどこに出かけようかなと彷徨っていると見つけたのが闘牛でした。闘牛なんて見たこと無いってことで目的地は山古志村となりました。

道の駅 あらい

 いつものように週末に車中泊で一泊した後向かったのは道の駅あらいです。ここは海産物が安いとネットにあったので夕食を確保するために寄りました。

 買ったのはお寿司。ちょっとお高めでしたがなんとも美味しそうだったので思い切って購入しました。

 午前中から夕食用のお寿司を買えるとは冷蔵庫様様です。冷蔵庫は本当に便利です。

新潟歴史博物館

 まずは海を満喫。

 少し遊んでから博物館へ向かいました。

 写真はボケてしまいましたが、この博物館には昔の新潟の雪国の風景が実物大で再現されています。この展示はすごいです。

越後とちお温泉 おいらこの湯

 この日の入浴と車中泊はここにしました。お風呂は料金が400円でとてもいいお湯でした。道の駅で買ったお寿司で幸せな夕食を食べました。

闘牛を見に行く

 翌日向かったのは山古志村の闘牛場。闘牛を見るのは初めてなのでドキドキです。朝10時開場というので早めに行ったのですが、まだ会場整備をしている感じ。闘牛が始まるのは13時というのを見落としていました。

闘牛で戦う牛

 しばらく繋がれている牛を見学していましたが、13時まで待つのは無理そうだったので、席取りをしてキャンピングカーへ戻って、寝転んでスマホいじり。昼食を食べて再び闘牛場へ戻りました。

 闘牛は新米の牛の闘牛からベテランの牛の闘牛へとなるにつれ、迫力が増して大満足でした。

 他の地域で行われている闘牛も見に行きたいなと思いました。