2019年の旅を書き終えました

 大した文章量でもないのに、面倒がっていてちっとも進まず、やっと2019年分の旅の記録をブログにできました。もしかしたら抜けているものもあるかもしれません。

旅をして感じたこと

 ずっとケチケチ人生を送ってきましたが、2019年には馬に乗ったり、うなぎをお店で食べたり、海鮮丼をお店で食べたり、少し贅沢をしてみたらすごく楽しいということに気が付きました。当たり前ですね。使うたびに「お金が~」と思ってしまうのですが、意外と後悔もしていないことに気が付きました。ここが大事です。宿泊費がない分少しくらいの贅沢はいいのかもと思っています。

どこに行こうかな

 旅行に行くのが週末なのでどうしても旅行に行ける範囲が限られます。なので行き先が無くなってきています。

どうにも行き先が決まらないと、地図を見ながら「この市には行ったことないな」と思うと行ってみたりしています。行ってみると以外に楽しめたりもするので、行ってみるまではわからないということもあります。ネットでもろくに紹介されていないような施設でもすごく楽しめることが多々あります。

 元々贅沢をしなければ安い旅行なので、あまり思い出に残らないような旅行でも苦になりません。定額見放題の動画サービスで映画を見終わった後につまらなかったなと思うのと同じような感覚かもしれません。キャンピングカーでどこかに行くだけでも現実逃避ができて十分に気晴らしになります。

コロナウィルスが流行ってます

 今大騒ぎになっているのはコロナウイルスですよね。イベントの中止や施設の休止など観光を趣味とする者にとっては面白くない世の中になってしまいました。命に関わることなので色々不満を言うわけにもいきません。でもどっかに行きたいとキャンピングカー乗りの血が騒ぎます。

 夫婦で話していることは、自然は閉鎖していないということです。いつでも営業中です。我が家のキャンピングカーは幸い自立型のキャンピングカーなのでどこにでも停めて車中泊を楽しめます。ちなみに自立型のキャンピングカーというのは、トイレや発電機がついているので、道の駅やサービスエリアでなくても車中泊ができるのです。星を見に行くなんて言うのもいいかもしれません。

 これを書いている間にもコロナウイルスによる自粛要請が少しずつ緩和されるようなニュースがありました。今シーズンもキャンピングカー旅行が楽しめるといいなと願っています。

フォッサマグナミュージアムへ

 以前から少し気になっていたフォッサマグナミュージアムへ行ってみようとでかけました。

 フォッサマグナというのは、大昔に本州は今の長野県あたりは海の底で2つに分かれていたのですが、その海の底の部分のことです。

 中にはとにかくたくさんの石が展示されており、迫力のある映像の展示物もありました。期待を裏切らない内容でした。

海へ

 海を見に行こうと向かったのはラベンダービーチとヒスイ海岸。

ヒスイ海岸では翡翠がみつかるというので、フォッサマグナミュージアムで勉強したことを活かそうと探してみましたがやっぱりよくわかりません。でも夢は膨らみますよね。

 ヒスイ海岸ではコンビニで買った弁当をオーシャンビューを満喫しながらいただきました。

釜ぶたの湯

 この日のお風呂は釜ぶたの湯。少し濁ったお湯で肌がつるつるするような感じでした。お値段も安くてとてもいいお湯でした。

うみてらす名立

 車中泊はうみてらす名立でしました。夕食もうみてらす名立で調達。ゆっくりと休めました。