リン酸鉄リチウムイオンバッテリーの実力

実際に使ってみた

 リン酸鉄リチウムイオンバッテリーには1500Wのインバーターをつなげました。

 youtubeで紹介されていたとおりのものを購入したのですが、これはちょっと失敗でした。その理由については後述します。

 さて我が家のキャンピングカーには3つのメインスイッチがあります。

 上から照明・トイレスイッチ、冷蔵庫スイッチ、外部電源スイッチです。何故一番上のスイッチと二番目のスイッチが別れているのかはわかりません。他のキャンピングカーは知りませんのでわかりませんが、普通は一緒になっているイメージがあります。(マックレーさん教えて~)

 インバーターからの交流を頑張って配線した外部電源用のコンセントに繋ぎますので、全てのスイッチをオンにします。さてどうなったでしょうか。ちなみに新品の鉛バッテリーのサブバッテリーは満充電です。これ以上はできないってくらい、多分。

うーんって感じ

 全てのメインスイッチをオンにしたので、キャンピングカーは家庭用コンセントから電気を供給された状態で全て快適に動くはずです。(イメージとしては)

 まずは電子レンジ。インバーターがピロピロと警報を鳴らします。電子レンジが定期的に全力で動くときに警報がなります。電子レンジも苦しげに動いている感じ。なんだろう、なんでだろうと考えてみます。家の中でスチームアイロンをつなげたときにこのインバーターちょっと頼りないかもと思ったことが頭によぎります。何度か試しているとインバーターのファンは回りますが電子レンジは動くようになりました。慣れたのかな…ふざけんな、いくら中華製のインバーターでもそんなアナログなことはないだろうと思い直します。

 次は本命のルーフエアコンです。この季節なのにまずは暖房。動きます!暖かい空気が出てきます。次は冷房。インバーターの警報音が鳴り響きます。ルーフエアコンの動作もぎこちなくなっています。どうしてだ!どうしてだ!お金がぁぁぁぁと頭の中に色々な思いが駆け巡ります。

 気持ちを落ち着かせるためにルーフエアコンのスイッチを切ります。ボーッとルーフエアコンを見ているとルーフエアコンのスイッチが暖房はLOWのみ、冷房はLOWとHIGHがあることを思い出しました。条件出しをしてみようと一応工学部出的に考えていろいろな条件を試してみました。

 色々試してみてまず出した答えが大丈夫なのはLOWの半分くらいで運転している時には何とか大丈夫。でも慣らし慣らしでないと冷蔵庫の併用はダメ。そこで考えたのはインバーターの出力不足ではないかということ。外部電源に変わる内蔵している発電機は2800W、今回買ったインバーターは1500W。浅はかだったかもと反省しました。

 そう結論を出したものの、お金がぁぁぁと諦めきれずにその後も色々試して出した結論が上にある写真のメインスイッチ郡の一番上のスイッチを切ることでした。このスイッチを切ると照明が使えない、トイレの水が流れないとなりますがルーフエアコンも電子レンジもすごく安定して動きます。素人的に考えて色々なところに電気が流れていない分インバーターの容量不足を補うことになっているんではないかと思っています。

 元々貧弱なサブバッテリーを長持ちさせるために照明は電池のもので代用していたのであまり気になりません。最近はトイレも使っていないのでこちらも気になりません。取り敢えず希望通りに電子レンジとルーフエアコンが使えそうなのでホッとしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)