リン酸鉄リチウムイオンバッテリーの導入

サブバッテリーが貧弱なら

 1台分しか設置スペースのないサブバッテリー。これが我が家のキャンピングカーの最大の弱点です。弱点があるなら何とか弱点を克服できればとずっと考えていました。

 そこで見つけたのがリン酸鉄リチウムイオンバッテリーです。リチウムイオンバッテリーの一種なので鉛バッテリーに比べると放電性能も充電性能も比べ物にならないくらい優れています。また リン酸鉄リチウムイオンバッテリーのすごいところは安全性です。リチウムイオンバッテリーといえば、発火した、爆発したなどスマホなどで気軽に使っている割には危険な代物です。しかし リン酸鉄リチウムイオンバッテリー はそれに比べて非常に安全性が高く、長期間使える特性があります。

 興味がある方はYouTubeで検索してみてください。車中泊をしている方の中では急速に普及してきているのではないでしょうか。

 一般のリチウムイオンバッテリーに比べて性能は若干落ちるものの、腐ってもリチウムイオンバッテリー。鉛バッテリーと比較するのは失礼なくらいの性能を持っています。 鉛バッテリーと比較して同じ容量のバッテリーでも使える電気の量は約2倍、充電時間も4分の1くらいではないでしょうか。(鉛バッテリーの充電時間が正確にわからないので適当です)

値段はお高いが

 私はリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを購入しようと決める前に、4年ほど使用した鉛のディープサイクルバッテリーを交換しました。

 買ったのは上のものでアマゾンで1万3千円くらいでした。充放電回数はわかりませんが、我が家のキャンピングカーの使い方では大体3年と少しくらいで使用に支障が出てきます。

 一方でリン酸鉄リチウムイオンバッテリーは5万円以上します。しかしこちらは充放電を3,000回できる性能を持っています。この3,000回というのは空から満充電ということなので、我が家のキャンピングカーの使い方で何年持つかわからないほどの寿命です。1日1回、空から満充電から空という使い方をしても単純計算で8年以上使えることになります。もちろんこんな使い方はしないので、本当に一体何年使えるのでしょう。性能と寿命を考えると高く見える値段も安く見えてきます。

 これが購入したリン酸鉄リチウムイオンバッテリー です。大きさは鉛バッテリーとさほど変わらないくらいで重さは鉛バッテリーの26kgに対して14kgです。持ち運ぶにも軽いことはいいことです。

 このバッテリーはポータブル電源ぽい作りになっています。スイッチが有り、電圧表示のLEDとUSB出力端子が着いています。12Vの電気を出力するのは通常の鉛バッテリーと同じで上部にある端子からとなっています。

 写真のリンクはアマゾンへのリンクですが、私は実際にはAliexpressという中国のショッピングサイトから購入しました。理由はそのほうがお安く購入できるからです。その代わり送られてくるまでに半月程かかりました。でも今見てみるとAliexpressとアマゾンで値段あまり変わってないかもしれません。アマゾンの値段下がりましたかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)