冬のキャンピングカーは寒くないか

冬の車は冷え込みます

 普通の車が真冬にエンジンを止めてしまったら、車内はシンシンと冷え込んできますよね。キャンピングカーでも車中泊時にはベース車のエンジンは止めます。居室もどんどん冷え込んでくる、でも大丈夫。ちゃんと良い仕組みが用意されています。

キャンピングカーにはFFファンヒーターがある

 キャンピングカーには車のエンジンを止めてもダイネット(居室)を温めることができるFFファンヒーターがついています。

 我が家のキャンピングカーについているのは、Webasto(ベバスト)という、覚えづらいメーカーのファンヒーターです。このファンヒーターは本当に便利なもので、ダイヤルを回してスイッチを入れると、しばらく低い音でブーブーというような音を発したあとに吹出口から温風を吹き出してくれます。

キャンピングカーのヒーターの吹出口
温風吹出口とダイヤル

 上の写真が吹出口です。座席の下についています。くるくる回すことで温風の吹き出す方向を変えることができます。また右上にみえるダイヤルでスイッチをいれたり暖房の強弱の調整をすることができます。スイッチをいれる時にはダイヤルを時計回りに目一杯回します。室内が寒いので暖房を入れているわけですから、しばらく室内が暖かくなるまでその状態を維持します。その内に暑くなりすぎたかなと思ったら、ダイヤルを反時計回りに戻します。反時計回りに回して暖房を弱めると、ヒーターは着いたり消したりを繰り返して温度調節をします。私の経験ですと、あまり弱くしてしまうと上手く着火しなくなってしまうようです。

居室は十分に暖まる

 居室が冷え切っていると、暖めるのに少し時間がかかりますが、ベバストのFFヒーターはかなり強力なので、居室はポカポカになります。通常では車で移動してから車中泊地に到達するので、ベース車の暖房で居室も暖かくなっているので、寒い寒いとブルブル震えることはないです。

キャンピングカー用ベバストヒーター
ベバストヒーター本体

 上の写真は吹出口の付いている座席の上蓋を外して、ベバストヒーターの本体を写したものです。こんなものかと思うくらいコンパクトです。

 我が家のキャンピングカーのベース車はガソリン仕様なので、ベバストヒーターもガソリンを使って暖房します。燃料はベース車の燃料タンクから供給されます。燃料の消費は一晩中つけていても気にならないくらいです。動作音も大きくないので、ベッドに入ってしまえば気になりません。ただし、ベッドに入っている時にベバストヒーターをつけていると、弱めにしていてもかなり暑く感じます。なので消してしまうときもあります。

その他の暖房方法

 キャンピングカーが停まっているときには、ベバストヒーターをつけますが、キャンピングカーが走っている時には別のヒーターを使います。これはベース車の暖房と同じ熱源(エンジンの熱)で居室を暖めるものです。寒い時には、このヒーターで居室を温めておくことが出来ます。もちろん温度調節も出来ます。

 最後はおまけの暖房方法なのですが、我が家のキャンピングカーにはルーフエアコン(エアコンが天井に乗っている)がついているため、発電機をつければルーフエアコンで暖房することも出来ます。これは家庭用のエアコンで、冷房や暖房ができるのと同じことです。この方法ははっきり言って面倒ですし、音の問題から使う場面も限られるので、本当にいざっていうときのためのオプションです。

冷房よりも暖房のほうが楽で使いやすい

 先程も書きましたが、居室を冷房するには、発電機をつけてルーフエアコンをつけることになります。手間もかかりますし、使う場所も気を使います。そういうことを考えると、キャンピングカーは暑い季節より寒い季節のほうが、旅がしやすいかもしれません。ただし、道路の状況は暑い季節のほうが断然良いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です