家族なんだと気がついたかもしれない猫

 猫なんだからそっけないのは仕方がない。そうは思うのですが、それにしても我が家のアンジュはまったくもって素っ気がないのです。

やはり成猫になってから我が家に来たせいなのか

 アンジュは3歳になる少し前に我が家にやってきました。ブリーダーさんからも長い目で見てやって下さいと言われていましたし、一般的に考えて、今まで暮らしてきた環境(メインクーンの仲間がたくさんいる)から数人の人間の中に一匹だけ、それも今まで見たことのない家に来たのですから、環境に慣れるまで時間がかかるのも当たり前です。

 しかしそれにしても素っ気なさすぎるんじゃないかと感じていました。だって我が家に来てからもう3年になるんですから。全くなついていないわけではないですが、やはり言葉にすると素っ気ない、そんな感じなのです。

ただの同居人だと思っているかも

 息子がまだ小さい頃、今は亡き義父と一緒に暮らしていました。そんな頃、息子が言った迷言がありました。義父のことを「ただの同居人だと思ってた」と言ったのです。「おじいちゃん」と呼んでいるのに…。なかなか何の関係もない同居人と家族が何年も一緒に暮らして、外食したり、物を買ってくれたりなんてことはないと大笑いしたのですが、アンジュは正にこう思っているのではないかと感じることがありました。

 人間と猫ですから、同居人といえば同居人です。でも普通猫は、飼い主を家族と思って暮らすような生き物ではないですかね。なんか、アンジュの家族への扱いが、ただの同居人のようになっている気がするのです。

ただの同居人と家族の違い

 ではただの同居人と家族への感情の違いは何か。猫について冗談半分に書いていることなので、あまり真面目に考えないでくださいね。

 家族に対しての感情ならば、例えば、みんなが出かけたら寂しいなとか、早く帰ってこないかなとか、甘えてみたいなとか、色々ありますよね。

 ただの同居人に対しての感情ならば、例えば、みんな出掛けたから部屋が広く使えるわとか、誰にも文句も言われないから好き放題できるわとか、帰ってきても寝てたら起こさないでよねって感じですかね。

 アンジュの場合はまさに後者。コミニュケーションを取るにしても体中から「あー面倒くさい」オーラが吹き出している感じ。人間と猫の関係で一線をおいているどころか、二線も三線もおいている感じです。「同じ屋根の下で暮らしているんだからお互いに節度を持って、お互いのプライバシーを尊重して、お互い深入りせずに暮らしていこう」という感じ。まさにこの感じです。今文章を書いていて、自分で“この通り!”と感心してしまいました。😁

遊ばないせいかもしれない

 もしかしたら、一緒に遊ばないので、素っ気ないのかもしれないとも思っています。というのも我が家ではアンジュを遊ばせるのは基本禁止になっています。たまに自分で遊んではいますが、人間が何かを投げるとかそういうことはしません。アンジュが来たばかりの時には遊ばせていたのですが、家がボロボロになったのです。

メインクーンのパワーは異次元

 今まで猫も何回か飼ってきましたが、猫と遊んでこんな経験は初めてでした。メインクーンを本気で遊ばせたら、色々なものが壊れます。アンジュは気にもしませんが。床はボロボロ、壁には激突するし、想像を絶する様な遊びっぷりです。何と表現すればいいのでしょうか、後悔するような遊びっぷりって感じでしょうか。

 爪を切っても床が傷つくので、猫のツメにつけるネイルキャップを試しましたが、1週間ももちませんでした。ネイルキャップが半分から割れて爪が出てしまいます。そんなんで、遊ばせるのは基本禁止です。勝手に遊ぶのは仕方がありません。

アンジュの感情に変化か

 今日は何でこんなことをグチグチ書いているかというと、そんなアンジュに、ここ2ヶ月ほどで変化が出てきた感じがするからなんです。私のただの希望かもしれないのですが、どんな変化かというと、

  • 仕事から帰ってくるとアンジュが出迎えるようになった
  • 夜、みんながリビングからいなくなるとアンジュが鳴くことがある
  • アンジュがみずから家族に近づくようになった
  • 抱っこしようとしても抵抗が少なくなった
  • 呼ぶと来る確率が上がった
  • ご飯をくれ以外にも甘えてくることが何度かあった

 どうでしょうか。もしかしたらアンジュは家族のことを「もしかしたらただの同居人じゃなかったのかも」と気がついたかもとは思いませんか?小さなことですがすごく嬉しいアンジュの変化です。

うとうとするメインクーン
ママに付き合ってうとうとするアンジュ

ゆっくり家族になりますか

 上に書いた以外にも、最近はアンジュが我が家に来て最初に隠れて寝ていた、夫婦の寝室の棚の上で寝ていることがめっきり少なくなりました。また家族の誰かがいると、その人のそばで寝るようになりました。なので、最近はアンジュがいない!と探すことが無くなりました。長い年月でしたが、徐々にアンジュの緊張が根本からほぐれてきたのかもしれません。

 アンジュの変化を感じ始めたのは本当に最近なので何だか不思議な気もします。まだまだ中途半端ですが、アンジュとも色々なことを話しながら、これからも長い付き合い、少しずつ家族になっていくしかないですね。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です