薪ストーブには広葉樹か針葉樹か

 薪ストーブに興味を持つと必ず目にする話題が、薪は楢やクヌギなどの広葉樹がいいかそれとも松や杉などの針葉樹がいいかというものです。広葉樹の薪の良いところは火持ちが良い、つまり長い時間燃えていることでしょうか。一方針葉樹の良いところは熱量が多い、つまり早く暖まることでしょうか。値段は針葉樹の薪のほうが安いです。でも薪ストーブには広葉樹って結構針葉樹は叩かれているような。

 では10年薪ストーブを使ってきた経験から結論を言いましょう!一番いい薪は…廃材です!ってこれは反則かもしれませんが、私の本音です。だって、廃材はタダで貰えるし、すぐに火がつくし、すぐに暖まってくるし、気兼ねなく燃やせるし、良いことばかり。特に重いものを乗せるパレットの廃材は火持ちも良くて最高です。だいたい同じ太さの四角なので、薪ストーブの脇においておくのも安定していて便利です。

 中~太割の広葉樹(我が家で買っている薪屋さんは結構太割)だけで一冬越そうと思ったら大変です。1日中ストーブが冷めないようにできれば良いのですが、我が家のように共働きの家ではとにかく素早く手間無くでなければ薪ストーブ生活は送れません。薪ストーブを使い始めた頃は、とにかく全てを広葉樹でと張り切ってまして、広葉樹の太めの薪がうまく燃え始めるまでが大変でした。色々試して一番良かったのが、柴。休みの日には夫婦で川や山に柴刈りに行ってました。柴を薪ストーブに沢山突っ込んで火をつけると、あっという間にいい熾ができるんです。その熾の上に太めの薪を置くとその内にうまい具合に火がつくんです。でも柴刈りは大変ですし、柴は嵩張ります。2年でやめました。

 結局は廃材と広葉樹の薪をうまく混ぜて焚くのが良いというところに落ち着いています。やはり広葉樹だけでは寒いですからね。また廃材の弱点もありまして、それはいつでも手に入るわけではないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です