薪ストーブは煙突が命

 薪ストーブというと、とかく本体に目が行きがちですが、煙突がなければ薪ストーブは焚くことができません。

薪ストーブの煙突

煙突の役割

 薪ストーブの煙突の一番大きな役割は、燃焼後の空気を排出することです。煙突が家の外に燃焼後の空気を排出してくれなければ家の中は大変なことになります。

 次の役割は、燃焼後の空気を排出する力で、薪ストーブの炉の中に空気を吸引することです。薪ストーブの炉内は非常に気密性が高く、薪が燃えている時には、空気が細く長い通路を通ってしか入ってこれないような機構になっています。なので炉内に空気を引き込むにはすごい力が必要なのです。

 3つ目の役割は家の中を温めることです。薪ストーブというと本体が温まって、本体の熱で家の中を温めるイメージがあると思いますが、実は煙突の方が家の中を温める働きは大きいのではと思います。煙突には熱せられた空気が通っていますし、熱も通しやすいのです。更に家の中で空気に触れている面積も大きいからです。間違って煙突に触ってしまうとやけどをしてしまいますのでご注意を。

煙突の種類

 一見ただの筒に見える煙突ですが、実は2つの種類があって、場所によって使い分けられています。

 1つ目の煙突は断熱2重煙突です。煙突の筒が2重になっていて、その間に断熱材が入っています。どうして断熱材が入っているかというと、煙突から出る熱を遮断するためと、煙突の中を上っていく熱い空気を冷やさないためです。

 この煙突は大体、煙突が屋根裏に入る直前から使われます。天井から屋根裏と屋根を熱から守るためと、外に出た煙突の中を上っていく空気を冷やさず、一気に外に放出するためです。煙突が外に出たところで、煙突の中を上がっていく空気が急激に冷やされると、煤が付きやすくなって、煙突詰まりの原因になります。

 2つ目の煙突はシングル煙突です。これは皆さんおなじみの普通の煙突です。この煙突は煙突が天井に行く前までで使われます。何故かと言うと、価格が安いですし、断熱の煙突を使ってしまうと、家の中を温めるという煙突の大事な役割を果たせなくなってしまうからです。

思いの外高額です

 煙突は薪ストーブの付属品のように思われるかもしれませんが、実は本体と同じくらい高額です。見積書を見るとえーっと驚くことは間違いありません。まあそれくらい薪ストーブにとって無くてはならない存在ということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です